交通事故で困ったら

弁護士に、交通事故で困った場合にはまず相談しましょう。
弁護士に相談した方がいいケースとしては、過失相殺の割合でトラブルになっている、高度障害、死亡などのように賠償金の高額なものが予想される、長期間むち打ち症の治療がかかりそうである、休業損害の証明でトラブルになっている、事故の相手がトラックまたはタクシーである、などの場合です。

また、いろいろな責任を、交通事故の大きなものを引き起こした場合には負うようになります。
刑事事件で起訴された場合には、罰金の略式裁判によるものか、被告人に刑事裁判でされて、実刑あるいは執行猶予の判決を受けるようになります。
人を酒酔い運転で死亡させて逃げたような場合には、ほとんど交通刑務所に確実に服役するようになります。
点数が違反の大きさに応じてつけられて、点数が一定以上になれば免許取消処分や免許停止処分になり、免許を最初からもう一度取る必要が生じてきます。
項目ごとの治療費、休業損害、慰謝料などで算出した賠償金が請求されるようになります。

賠償金のカバーが、自賠責保険や任意保険によってできるような範囲内のものであれば保険で賄うことができます。
しかしながら、カバーできないような場合には、負担を自分自身で行う必要があります。
もちろん、免許取消処分などになったということでも、損害賠償は免れることはできません。
このような交通事故の問題の場合には弁護士に相談しましょう。
本サイトでは、法律のプロの弁護士、弁護士に頼む、交通事故の際の対応、についてご紹介します。


Copyright © 2014 交通事故で困ったら All Rights Reserved.